チャットレディ⇒断然ポケットワークがオススメ!【5つの理由】

チャットレディを始めるなら初心者さんもベテランさんも断然ポケットワークがオススメ!

その理由を5つの項目に分けて現役チャットレディの生の声でお伝えします!

最近コロナウィルス で収入も減り、仕事もないし家にいなきゃいけないけどお金かかる‥。

  • そんな想定外の事態になって急いで在宅ワーク探したけど結構難しそう‥。
  • 夜系仕事だったから普通の仕事が‥。
  • 今回で完全失業‥、新しい仕事探すまで何かないかな‥。

など、チャットレディのお仕事を考えている方なら思うことがあったはず!

そんな女性の方におすすめなのは断然ポケットワークです。

数あるサイトの中でも、ポケットワークなら会員さんも多く、初心者の時から安定して稼ぐことができて、またコツコツと続けていれば安定した収入プラスお客さんがついて着実に稼げるようになります。

さらに、昼職が再開した後もとても便利なお小遣い稼ぎに貢献してくれますよ!

始めるときはちょっと勇気がいるかもしれませんが、ポケットワークなら安心してチャットレディを始めることができます。

それではちょっとご紹介させていただきます。

目次

1:初心者に親切なサポート体制

チャットレディのお仕事を始める時に、やっぱり心配なのはどのようにしてお仕事をするのか、お給料やシステムをしっかり教えてくれるのかということだと思います。

実際にわたしは在宅で始めたのでこれが一番心配でした。

やはり実体の無い会社だったとかURLだけ送られてきて何も説明がなかったらどうしよう‥とか結構不安でした。

しかし、最初にLINEで問い合わせた時(敬語ですがそんなに堅苦しい文章でなくとも問題ありませんでした)今現在どんな状況で、どんな機械が揃っていてということを正直にお伝えしたところ、スマホ1つでもできるしPCでもできるということで、LINEでURLと一緒に細かい登録方法やお給料体制、トラブルシューティングなど、丁寧に書いてくれて、機械音痴な私でも問題なくスマホ1つで始められました。

それから繋がらなくなった時や不安なことはリアルタイムで深夜でもすぐスタッフさんからLINEで返事が来るので、在宅でも問題なくお仕事ができました。

通勤の場合なら、近くにスタッフさんがいると思うので、より便利だとは思いますが、

在宅でテクニカルサポートやお給料の説明などに満足いく回答が得られたのは、他のサイトさんでも働いたことがある上で、ポケットワークさんだけと言い切れます。

やはり最初のLINEの返信の時から親切な対応でしたので気軽に相談ができ、小心者の私は大変助かりました。なので初心者の方には断然ポケットワークさんから始めることをおすすめします。

2:会員さんが多く、客層が良いので待機時間もストレスも少ない

インターネット上とはいえ、サービス業ですからやはり人間相手にストレスは溜まりますよね。

それは夜のお仕事や営業のお仕事をされている方も経験があると思います。

お客さんもお金を払っているという意識があるので無理な要求をしてきたりプライベートを要求してきたりする人も中にはいます。

しかし、ポケットワークさんで働いる時にあまりそのようなお客さんと会ったことがなく、もちろん0ではありませんが、他のサイトさんと比べて非常に客層が良いと思います。

また、会員さんも多いので、始めたばかりの頃から見にきてくれるお客さんは多います。

1日目からでもお金を払ってお話ししてくれるお客さんが多くて、チャットレディの悩みの1つの「待機が長くて疲れる」という悩みは全く無いわけではありませんが、他のサイトさんと比べると、かなり楽ですよ。

その中で気の合うお客さんがいれば必ず常連さんになってくれます。

また、ポケットワークさんの常連さんはお話好きな方も多いので、急にアダトなことを指摘されたりというのは少ないです。

ゆっくりと慣れながらお仕事をしていくタイプの方はとても向いていると思うので、初心者の方やブランクがある方でも復帰しやすいと思います。

3:常連さんが多く、コツコツと続けていれば本当に短時間で稼げる数少ないサイト

新人期間が終わればすぐに稼げなるなるというお話、チャットレディのお仕事に関する記事などで、目にしたことはありませんか?

意外とこう言っているチャットレディやライターさんはいるのですが、ポケットワークさんの場合はどちらかと言うとコツコツとやり続けていくことによって確実に稼げるようになっていくサイトさんです。

これは続けてきた私が今思うことなのですが、実際に新人期間が終わるとぐっと報酬が減ってしまうサイトさんも多いです。

ポケットワークは会員さんが多いので新人期間は勿論稼げるので最初働きやすかったのはもちろんなのですが、お客さんが人見知りな方が多いのか、気の合うチャットレディの子がいたら新規開拓をあまりしない傾向にあると思います。

なので、自分のログインした時間には必ずきてくれるお客さんが多くて、終了後にプラスでメールも忘れずにしておけば待機時間はどんどん減っていき、長時間入室してくれるようになっていくので、一人のお客さんで十分に高時給を実現することができます。

(例ですが初めて二週間後わたしは三時間続けてトークしており時給にすると2000円以上でした。三時間以上話したのでその日はそれでお仕事終了しました。)

焦ったり不安なままお仕事を続ける必要はありません。

ちなみに私はアダルトのチャットをしていましたが、お客様はソフトな方が多く、それにお話がしたい方もとても多い傾向にあると思います。

それからメイクや服装も気張ったものでなくてナチュラルな方が受けが良いので、見かけなどを過剰に気にする必要はありませんよ。

今まで働いたサイトさんの中で一番楽に楽しく働けました。

こんなんで良いのかな?最初思いましたが、ありのままの自分を出してお話しするほうがお客さん受けもよく、長時間のチャットに繋がるので、マイペースに続けることが鍵だと思います。

4:明瞭なお給料体制で安心

ほとんどのチャットレディのサイトの報酬はポイント制で、1ポイント0.5円や1ポイント10円など、サイトさんによってお給料体制が違ってきます。

1ポイント10円だから高いというわけではなく、その場合1ポイントが2分だったり3分だったり単純なお話ではないのですが、ポケットワークさんの場合、1ポイント0.5円になりますので、単純に100ポイントで50円、10000ポイントで5000円と計算していくようになっています。

私はあまり計算が得意ではなかったので、これは分かりやすいと感じています。

それから申請してから支払い、振り込みの日にちもサイトに丁寧に掲載されており、今のところ遅れたことなどはありません。

なので、ポイントを確認しながら自分で1日の目標金額などを決めてお仕事すると効率的だと思います。

5:新人期間が終わっても稼げる!

やはりチャッレディの悩みの1つとして新人期間が終わると稼げないと思っている方は多いと思います。

他のナイトワークでもそうだと思うのですか、お客さんからしたら新人とつくだけでブランドのように思う傾向があるのは男性として仕方ないことだと思います。

しかし、それが終わって時にこそ、そのサイトでちゃんとお仕事をしていけるかというのがわかりはじめてくると思います。

新人期間は正直誰でも稼げる期間でもありますが、それに飛びつくお客さんはあまり長くチャットしなかったり一見さんで終わってしまうことが多いです。

私は実際に新人期間をおえてもポケットワークさんでお仕事していますが、最初の頃から気の合うお客さんにはメールを送ったりしていた甲斐があって、待機時間に気を張らなくても予定が立ち、逆に楽にお仕事ができるようになりました。

確かにお客さんの数は減るかもしれませんが、長く話してくれるお客さんが残っていてくれればチャットレディは稼げるので、手当たり次第にいくよりも効率は上がって来ます。

常連さんがつきやすいサイトなので、まずは気軽にはじめてみても良いのではないでしょうか。

いかがでしたでしょうか?
私がチャットレディのお仕事をしてきたお話でした。

ちなみに、ポケットワークさんでは年齢別にサイトが用意されていて、もしこの記事を読んでいる方で年齢にコンプレックスを感じている方たとしても、40代以降の女性でも、稼げれている方いらっしゃいますのでそこはあまり考えないほうが良いと思います!

チャットレディって意外と若過ぎない年齢の方が稼げてる方は多いですよ!

それから、チャットレディで常連さんを掴み効率よく稼ぐコツはやはり、好感を持ってくれたお客さんにメールをすることです。

メールも受信したらポイントに加算されますし、お客さんからも印象が良いので、小さなことですがこれをするようになってぐんと稼げるようになったので、もしチャットレディをはじめたあかつきには、ぜひちょっとだけ時間を使ってメールを書いてみてください!

翌週には良いことがありますよ!

最後に、この記事を読み終わる時にはチャットレディになりたいと思う方が増えてくれれば良いなと思っています。

他にもチャットレディのサイトはありますが1つだけ言えるのは、初心者からブランクあり、ベテランさんまでバランス良く稼げるサイトさんは本当に珍しいと思うので、迷わずポイントワークに決めてしまっても損はないと思います。

もしキャリアに少しでも心配があるのであれば、ポケットワークのスタッフさんは親切ですので合わせてお仕事前に相談してみてはいかがでしょうか?

あまり気張らずにはじめてみてくださいね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる